なんちゃってITエンジニア脱却プロジェクト 第一弾 pythonで爆速アプリ開発

「コードが書けない!」「インフラを構築出来ない!」なんちゃってITエンジニア脱却プロジェクトの第一弾です。 当イベントは主催者を含め自称なんちゃってITエンジニアが集まってお互いに助け合いながら1日でサーバ構築からクライアント側のアプリまで実装しようというイベントです。参加いただくことでインフラからフロントまでの構築を一通り経験頂けます。実装は基本的に1人で行います。 今回のお題は「クーポン配信アプリ」です。クーポン情報を配信するwebAPIとクーポンを表示するスマホアプリを開発します。手順書を用意しているので本格的なコーディングの経験やインフラ構築の経験が無くても恐らく問題ありません。

お申し込みの受付は終了しました。
他のイベントを見る
なんちゃってITエンジニア脱却プロジェクト 第一弾 pythonで爆速アプリ開発

日時・場所

2020年2月29日 10:00 – 18:00

東京ガーデンテラス紀尾井町 17階 LODGE (イベント専用受付:18階), 日本、〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町1丁目2

イベント、参加費について

会場は東京ガーデンテラス紀尾井町 17階

 Yahoo! JAPAN オープンコラボレーションスペース「LODGE」です。

18階にイベント専用受付を設置しています。

こんな方にオススメのイベントです

・SIerの社員で顧客折衝とドキュメントのレビューはするがコードは書かない(実は書いた事が無い)システムエンジニア

→コーディングとインフラ構築を一通り体験する事でプログラマーさんとより有意義なコミュニケーションが出来る様になります。貴方のプロジェクトで起きている問題も幾つか解決に繋がるかもしれません。

→7年以上昔の見積りを参考にしていませんか!? きっと貴方が思っているよりずっと簡単にシステムは構築できます。まずはご体験ください。

・ITエンジニアを目指し始めた方

→これから目指すならフルスタックエンジニア一択(そこから好きな領域を極めれば良い)。システム開発に必要な作業を一通り体験する事で自信を付けられます。

メンター様募集

 報酬が無く大変恐れ入りますが、技術にある程度自信のある方にメンター枠としてご参加いただけませんでしょうか。メンター枠として参加登録された方には別途ご連絡をさせて頂く場合がございます。

使用する要素技術

python, Django, RestAPI, SQLite, nginx, docker, Terraform, AmazonLinux, AWS, swift, kotlin, JavaScript, git

イベントプログラム

・オープニング

・開発環境の構築

・restAPIの実装(ローカル環境)

・git実践

・クライアントアプリの実装(iOS or Android)

・クラウドでAPI公開用のサーバを構築

・APIのデプロイ

・アプリの修正

・完成!

ご参加条件

 ・開発可能なPCを持参頂けること

  ※お題のサンプル実装をMacで行っている関係上、Mac推奨とさせて頂きます

・AWSのアカウントを作成頂けること

  ※既にお持ちの場合は問題ございません

  ※AWSを推奨とさせて頂きますが、AzureやGCPをお使い頂いても問題ございません。

・GitHubのアカウントを作成頂けること

  ※既にお持ちの場合は問題ございません

・大学や研修等で一度はプログラミングを経験されている事を推奨させて頂きます。

 

主催者プロフィール

・杉浦由季 (Ajyarimochi)

情報系の学科を卒業してSIerに入社したのち、年次を重ねる毎にコードからは離れていき気が付けばHello worldすら怪しい状態に...。危機感を感じ今は本業の合間をぬってコードを書いています。自分でコードを書いたりインフラを構築する事で、本業でこれまで気づかなかった発見をする事が多々あり、自分のように実装技術から一度離れたSIerの社員にコーディングやインフラ構築を啓発するお節介をしています。まだコーディングやインフラ構築は”なんちゃってレベル”です。

また、イベント主催団体のI Lab U を運営しています。ITエンジニアを中心に結成されたサークルで、”新しいモノの新しい遊び方の発信”というコンセプトの元、子供から大人まで楽しむ事のできるイベントの企画や、IT教育コンテンツの制作、運営を行なっています。詳しくはWebサイトをご覧ください。

http://www.i-lab-u.com

・杉田達哉

情報系学科卒で上流系SIerで主にインフラエンジニアをしています。学生時代に周りのレベルの高さに圧倒され、しばらくコーディングから離れていました。しかしここ数年でIoTやデータサイエンス、クラウド関連のPoC案件を担当する事が増え試行錯誤でコーディングをするようになりました。これまで技術習得については基本ROM専を徹していましたが、最近では社外でも何かアウトプットが出来ないかと考えています。